髪染めのパラフェニレンジアミン

ご愛用 通販

不満が残ります

ヘアダイに含まれるパラフェニレンジアミン(PPD)は現在も一部製品に含まれている成分で
色々と問題になっています。
このPPDは1863年からヘナの染色性を増強させるために混合され始めました。
そこから使用者の中で呼吸器や皮膚に強いアレルギー反応を引き起こす数が増加し問題化。
フィンランドではPPDの一般向け使用が禁止されました。
PPDの害を報告した論文は数多くあり虚脱状態、腎臓障害、遺伝子の突然変異
動物実験で発ガン、横紋筋の融解、アレルギー反応を起こすなど。
これらの症状を大きく分類すると、皮膚の障害、呼吸器の障害、内臓の障害に分けられます。
これくらい恐ろしいパラフェニレンジアミン。
毛染め系の製品を使用する場合はくれぐれもご注意下さい。
また成分表などを確認して自分に合う、安全であると確認後に通販下さい。

染まりにくい?

他の白髪染めと違って染め上がりがぎしぎしせず,しっとりしていると喜ばれました。
少し染まりにくいようですが,あまり真っ黒に染まるより,自然な感じで良いですよ。
たくさんの方がレビューで書いているように
容器はチューブなどに改善して欲しいですね。最後まで使い切れないとのことです。
美容室で染めた時のように長持ちはしないのですが
何度染めても髪に優しいので、安心して染められます。

通販